当院の特色と診療方針について

投稿日:2019年4月14日|カテゴリ:お知らせ

当院は保険医療機関ですが、きわめて専門性を重視しています。もちろん患者様の診断と治療が主な仕事ですではありますが性感染症の診療実績が多数で、長年の経験と、国内一流の機関(国立感染研究所・理化学研究所・東京女子医大,常盤化学工業株式会社等々と共同研究をしています。特に他の医療機関で治らなかった感染症や、尿道腫瘍のオリジナル手術、性器ヘルペス分野の最先端の治療、尖圭コンジローマの多彩な治療など、専門性の強いニーズが多く、海外からも通院されている患者様もあります。来て頂くのはありがたいのですが、このところ外来や手術の予約が取りづらい状況が続いてしまい、継続的に通院していただいている患者様がたには待ち時間が増えてしまって大変ご迷惑をおかけして大変申し訳なく思っています。
そのための対策として、健康保険のルールにそぐわない医療行為は原則行わないことにしています。
①無症状の方の検査は、検査専門の機関をご紹介します。ただしパートナーの疾病が明らかな場合はご本人も保診療ができます。治療が必要な場合は治療をいたしますので、治療は他で受けるということでしたら保険外診療となります。
②明らかな疾病があると判断されない方や、治療対象にならない場合は、はっきり申し上げます。
③ご来院された患者様以外の方の医療相談や疾病の解説は、他の患者様のご迷惑になるのでお断りいたします。
④他院の検査結果に関しては検査をした医師の責任で説明するべきで、当院には解説義務はありませんので、よくご理解の上、ご相談ください。

本来上記の医療相談は、セカンドオピニオン外来になりますが、保険の範囲内で対応可能できない場合には下記の要領でご相談に応じます。
セカンドオピニオン外来は完全予約制で15分5万円、1分超過で1万円 1ヶ月以上前から当院窓口でのご予約になります。WEBでの予約は受け付けておりません。ご相談だけではなく出来る限りの名医のいる施設をご紹介するようにいたします。

上記ルールをご理解の上、私の限られた医者人生の中で少しでも多くの患者様をお助けたいと願っていますので、ご理解ご協力のほどをお願い致します。