10月から性器ヘルペス再発抑制療法が安くなりました

投稿日:2019年9月4日|カテゴリ:医療情報, 未分類

10月から医療機関から処方される薬の薬価が大幅に引き下げられました。再診料は若干値上げされましたが、薬剤費が大幅に下げられたものも多く、特に1年間を通じて処方される性器ヘルペス再発抑制療法は、薬品費が大半を占めていますので、薬価改定により、さらに身近になりました。例えば再診でバラシクロビルを30日分処方で、以前はちょうど2000円でしたが、10月から1820円に、同じく60日処方では3440円から3080円に下がりました。もともと医療費が高いことがこの治療の普及を妨げていましたが、1日70〜50円程度で治療が受けられるので、だいぶ身近なったと言えます。