患者累計6万番を達成しました

投稿日:2021年6月9日|カテゴリ:未分類

当院は開院以来の患者累計数が6万番を達成しました。数の多さではなく、長い間多くの皆様にご評価され続けてきたことに、スタッフ一同感謝申し上げます。
当院は宣伝広告の類は一切行っておらず、その代わり最新最良と思われる医療情報の発信に心がけてまいりました。
その一例が2008年に発表した「細菌学的根拠に基づいた男性尿道炎の目視分類」(順天堂大学感染症科・現東京女子医大感染症科との共同研究)、2006年からの性器ヘルペス再発抑制療法と2007年からの尖圭コンジローマ免疫賦活療法は、最新の治療法を日本に紹介、普及するために全国に講演会でいかせていただきました。近年では2019年からPatient Initiated Therapy (PIT)の普及にも力を入れております。そのほか、国立感染症研究所と梅毒の新しい診断検査について考察した論文は、国の梅毒診断基準の改定にも大きく貢献いたしました。理化学研究所と行ったクラミジア・トラコマティス拡散検出の新技術は、当時の先端研究(クールジャパン)に選ばれました。
今後も研究と一般診療を両立させながら、さらに良質な情報をご提供できるように努力する所存ですので、これからもよろしくお願いいたします。
6万番のお祝いで和歌山県の野田医院・野田倫子先生からいただいたお花です。